これを読めば事業展開の進め方が分かってくる!快活CLUBから読み取る事業展開の進め方!

快活CLUB トレンド記事
トレンド記事

 

なんか新聞で見たけど、我々の憩いの場所「快活CLUB」の業績がいいらしいぞ。

そーなんだ。羨ましいのう。でも私らには関係ないね。

この記事の事ですね。

AOKI「スーツ販売」低迷のウラで「快活クラブ」絶好調のワケ(小宮 紳一) @moneygendai
紳士服市場の縮小に伴い、苦戦を強いられるファッション業界大手・AOKI。だがその一方で、同社が手がける複合カフェ「快活CLUB」が絶好調だ。売上高、店舗数とともに、業界トップを維持している。なぜ、AOKIがまったくの異業種であった複合カフェの市場で大成功を収めることができたのか、その理由を探った。

「スーツのAOKI」で知られる(株)AOKIが立ち上げた「快活CLUB」

今では収益のメインになっているそうです。

この記事について「へぇ〜、そうなんだ。」で終わらせてはダメです。

ここから読み解ける僕なりの事業展開の進め方をお伝えします。

成功事例である「快活CLUB」の事業展開を参考にしているので手順としては間違いないと思いますので

「何か新たな事業を展開したいが進め方が分からない」に悩んでいる人もこの記事を読めば、事業展開の流れの大枠が見えてくることでしょう。


それではいきましょう!





快活CLUBから読み取る事業展開の進め方

結論からいうと

①成長分野(伸ばしていくジャンル)の明確化

    ↓

②ニーズ層の分析(主要層,弱点層)

    ↓

③成長分野の確立を確認次第、他ジャンルへと拡大!



順を追って説明していきます。

成長分野(伸ばしていくジャンル)の明確化!

成長分野の明確化を図りましょう。

成長分野とは自分が伸ばしていきたい(伸びそうだな)と思う分野のこと。

(株)AOKIはここ数年スーツ事業で低迷をしていましたが「快活CLUB」発足により業績を伸ばすことに成功しました。

大胆なシフトチェンジ。それを成功させるには成長分野の明確化が必須です。


ここからは僕の個人の考えですが

成長分野を決め方は「興味がある・いけそうだな」と思った事業でいいと思います。

そしてそれを3ヶ月はコミットしてください。

なぜなら一般的に「3ヶ月以上続けなければ成果は見えてこない」と言われています。

そして興味のある事業が何個もある人は1つ1つ順番にコミットしていきましょう。

いろんなジャンルに手を出してはどれも中途半端となり、効率化は図れません。
「急がば回れ」です。

そして明確になれば、あとはその分野について全集中する。


これでいいと思います。

ニーズ層の分析(主要層,弱点層)

何ヶ月かコミットしていけばあるその事業に対しての傾向が見えてくるはずです。

その中でも大事となるのは「ニーズ層」です。


「快活CLUB」でも「主要層」の30〜40代向けにフライドポテトの味を改良したり、「弱点層」の女性専用スペースを作るなど「ニーズ層」に向けた改善策を打ち出してました。

つまり、その事業に対して「主要層」と「弱点層」ここを分析することで「ファン層」の拡大へと繋がります。


僕のTwitterで言うと、フォロワーに関して「プログラミング初心者」が主要層で「資産運用をしている人」が「弱点層」と分析しています。

ニーズ層を明確化すると「プログラミング初心者」向けへ学習ノートを共有したり、「資産運用をしている人」にはもっと具体的に結果報告のツイートをしてみたりと改善点が浮かんできやすいです。

なので「ニーズ層」の分析をしっかりと行いましょう。


成長分野の確立を確認次第、他ジャンルへと拡大!

「ニーズ層」の分析、それを元に改善をしていくうちに成長分野は安定し、確立した事業になってきたはずです。

確立が確認できたら、次は他ジャンルへと事業を拡大していきます。

「快活CLUB」も「ネットカフェ経営」が事業確立をし、現在「フィットネス事業」を展開しようとしています。24時間営業である「ネットカフェ経営」は「フィットネス事業」ととても相性がいいと言われています。


このように1つの事業が確立してしまえば、その事業に派生しやすい事業が浮かびやすい状態となっているはずです。

なので共通点のある事業は積極的に挑戦し、拡大を図りましょう。




以上が僕が考える「快活CLUB」から読み取る事業展開の進め方です。

最後におさらい。

事業展開の順序としては

①成長分野(伸ばしていくジャンル)の明確化

    ↓

②ニーズ層の分析(主要層,弱点層)

    ↓

③成長分野の確立を確認次第、他ジャンルへと拡大!

です。特に「ニーズ層」の分析についてはどのビジネスにも必須項目だと思います。

この記事を参考に事業展開を始め目標実現する人が増えていただけると幸い中の幸い極まりないです。


終わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました