公務員で重宝される人の特徴を解説【僕が言うので間違いなし】

公務員、必要、特徴 公務員
公務員




どーも。あんちゃんです。




現在、僕は公務員をしています。




自分で言うのもなんですが、現在の日本は公務員になりたいと思っている人がたくさんいます。




この画像を見てください。

なりたい、職業、公務員
引用元:Benesse/マナビジョン




このように公務員がなりたい職業の上位にランクインしております。




そんな公務員を目指している人、公務員なりたての人向けに僕が考える「公務員で重宝される人の能力」を徹底解説します。




公務員を務めて数年が経ち、公務員としての必要な素質も分かるようになってきましたし、何より苦労している人や仕事ができる人をたくさん見てきました。




なのでこの記事は説得力があります!




この記事を読めば、重宝される能力を意識して行動するようになり、職場にとって貴重な存在になるきっかけになるはずなので、最後まで読んでいただけると幸い中の幸い極まりなしです。




それではいきましょう!!!!





結論から言うと、こちらです。

公務員で重宝される人の特徴

・頑健であること

・優先順位を明確にする能力

・組織意識が高い



です。
では、1つずつ深掘りしていきます。


頑健であること

公務員、必要、特徴



冒頭から当たり前のことを言いますが、これ結構、公務員として働いていくのに最も大事な特徴となります。




この画像を見てください。

公務員、必要、特徴
引用元:一般財団法人地方公務員安全衛生推進協会



この画像を見て分かるとおり、公務員の休職率は年々上昇してきています。




僕が思う理由としては採用前に抱いていた理想とのギャップだと思います。




実際の公務員はそんなに良い職場環境とは言えないと思います。




最後の方で解説しますが、志高い職員は苦労してしまいます。




そのギャップにやられる職員は多いそうです。




このような事情から求められる特徴は「頑健さ」です。




僕も実際、採用後の面接で「頑健であるかどうか」の質問を受けました。
(そんな質問「頑健です」としか言いようがありませんがwww)




ただ、職場内の環境や業務量は所属によって全然違うので、これに関しては実際、職場に入ってみないと分からないことです。




しかし、せめて体は丈夫な方がいいでしょう。




なので、食生活、睡眠、運動を心がけて行っていくことが大事なんじゃないかと思ってます。


優先順位を明確にする能力

公務員、必要、特徴



これが働くスキルとしては最も重要になってきます。




一般企業であるのは「深く狭く」をモットーに専門的なスキルを育むところが多いと思います。




営業なら営業スキルですし、建築なら建築スキルです。




しかし、公務員は専門的なスキルを要しないことが多いですが、その分「雑務」と言われる仕事が多いです。




そのため、「浅く広く」をモットーにしています。




「浅く広く」だと小さな仕事がたくさん来たり、時折大きな仕事が舞い降りてきたりと、とにかく件数が多くなります。




そこで重要になってくるのが「優先順位を決める能力」になります。




「優先順位を決める能力」でポイントとなる点はこちらです。

 POINT! 

・数ある業務の中でどれが1番優先度の高い業務なのか?

・この業務にどれくらいの日数を要するのか?(そこから逆算)

・1日に自分はどれくらいの作業量をこなすことができるか?



このポイントを分析できるかが大事になってきます。




自分のできる範囲を理解し、1日に自分の作業できる能力を最大限活用していく。




このような職員が公務員では重宝されます。




そして仕事できない人の大半が陥ることが「ちりつも」ですね。




「塵も積もれば山になる」です。




公務員は小さい仕事が本当に多いです。




そのため安易な気持ちで小さな仕事をほったらかしにしていると、痛い目に遭います。




なので大きな業務をやりつつ、小さな業務も処理していく。
その際も「優先順位を決める能力」が必要になってきます。




最初は難しいですが、様々な業務をこなしていけば、どれくらい日数で終わるのかも分かってくると思います。そこで大事になってくるのがこちらです。

 POINT! 

・自分の得意・不得意な業務は何なのか?

・既にしたことのある業務をどこまで覚えているのか?



こちらを分析してみることがいいでしょう。




既にしたことのある業務についてはコピー等をとっておくことも有効になります。




とにかく常に優先順位を意識していきながら業務をこなしていきましょう。


組織意識が高い

公務員、必要、特徴



これは賛否両論分かれると思います。




僕は「組織意識が高い人」
つまりクリエイティブ意識の低い人の方が公務員として重宝されると思います。




公務員は「日本最大級の企業」です。




つまり、公務員は特に組織意識が高い現場になります。




ほとんどの業務はルーティン業務ですし、毎年同じ流れで進む傾向があります。




なので、その流れを乱し、新たな要素を加えようとする人は煙たがられたりする傾向があります。

今回から〇〇を導入してみないかい?

 

今までの〇〇って
もっとよくできないですかね?



このような人たちのことですね。




組織の中に数人はこのような人が求められますが、基本的には組織を意識して、例年の流れに沿った行動を取れる人がいいと思います。




最後に組織意識が高いとされる考えはこちら。

 POINT! 

・上司の考えを汲み取ることができるのか?

・周りの流れに沿った行動を取ることができるか?

・納得しないことも納得したと落とし込むことができるか?



成果型の職業となるとこれらの考えは致命傷ですが、公務員では重宝されてしまうのが、現在の公務員の姿になります。




嫌かもしれませんが、公務員を志すのなら、この意識は持っておくことが賢明です。




以上になります。




最後は少し気持ちの悪い解説となりましたが、実際の公務員の職場というものはこのような現場です。




これが現在の給食率を物語っているのかもしれないですね。




しかしながら福利厚生や、給与面で見ると、未だ公務員は素晴らしい職業に位置しているのではないかと思います。




なので公務員は目指す人はこの記事を読んでしっかりと公務員としての意識を高めていってください。




この記事を読んで1人でも多く人が公務員として重宝されるようになってくれれば幸い中の幸い極まりなしです。



このようにあんちゃんブログではトレンド記事に関する有益な情報、自己啓発、プログラミング、ブログ運営について記事を更新しております。





また、Twitter(@anchan3official)でも有益情報の発信、ブログの更新通知も発信しておりますのでぜひフォローをお願いします。




終わります〜



コメント

タイトルとURLをコピーしました