公務員こそ副業すべきな件について【僕が言うから間違いなし】

公務員、副業、自己投資 トレンド記事
トレンド記事



どーも。あんちゃんです。





僕のリトルあんちゃんが言ってます。





あんちゃん。
あんちゃん。

公務員って副業自己投資
ぴったりな職業だと思うなぁ。

公務員副業!?
ふざけるな!!




結構、このような意見が多いかもしれません。




ですが、公務員はこれからの時代、更なる危機が訪れると思っております。




最近では「安定」と言う定義も変わりつつあります。

詳しくは「公務員の現状、今後を解説。【安定の定義は変わった】」で解説済み。






この記事でも紹介したように、公務員が安定と言う時代は終わりつつあります。

そして、それにまだ気づけていない公務員は多いです。






でも、それは公務員の中から突き抜けるチャンスでもあります。

 

 

公務員副業するメリットってあるのかなぁ。
でもやり方が分からないしなぁ。





公務員がいつまでも安定しているか分からないから
副業自己投資でスキルアップしたいなぁ。

 

 

 




こう思ってたり、時代の変化に気づきつつある、そこのあなた!!!




公務員って副業や自己投資するにあたって、結構適した職業になります。




そこで今回は「なぜ公務員は副業に適した職業なのか」を徹底します。




この記事を読めば、公務員が副業するのに適した職業であること。そして、時代に取り残されない手段を理解し、行動することができますので最後まで読んでいただけると幸い中の幸い極まりなしです。




それではいきましょう!!!



 






理由は以下のとおりです。



 

公務員こそ副業をするべきな理由

・勤務時間が明確

・リストラの心配が現状ない

・同じ肩書きを持つ人が少ない




です。

では1つずつ深掘りしていきます。



 

勤務時間が明確

公務員、副業、自己研磨、勤務時間





この条件は配属先にもよりますが、公務員は基本的に勤務時間が明確なことが特徴です。
一般企業だと、思いもよらぬ残業や外出などが多いと思います。




しかし、公務員は基本的に仕事の担当が明確に分かれており、自分の配分で仕事を進めていく感じになります。




そのため、業務の順番もどれくらい作業を始めるかも個人が決めることになりますので、公務員は勤務終了時間が予想しやすい職業となります。




そして、勤務時間を明確にすることは副業をするにあたって大きな利点となります。




なぜなら、副業するにあたって作業のスケジュール管理はマストだからです。

 


作業時間の確保と明確な作業時間がなければ、効率の良い作業は行えませんし、何より時間に追われてしまい、ノルマを達成することが困難になります。




毎日設定したノルマをこなせるか、こなせないかで目に見える成果は全く違うものになってくるでしょう。




なので、作業時間があらかじめ明確である公務員はノルマ設定がしやすいため、副業向きだと考えられます。



リストラの心配が現状ない

公務員、副業、自己投資、リストラ

これ、賛否両論別れますよね。


リスクを背負うことで責任感や反骨心が増して
本気でビジネスに取り組むことができるんじゃない?



僕もその意見は理解できます。




保険は捨てた方がビジネスに集中できますし、覚悟できるため継続する可能性も上がると思います。




しかし僕としては、ビジネスにおいて最も大事な考えは「リスクマネジメント」だと思ってます。




現状から失敗したときのリスクを背負うことができるのか?




果たしてリスクに見合うリワードであるのか?




この計算ができない人に成功の光など差してこないと思っています。




そう考えた時、本業を捨てるのは「リスクマネジメント」に反ってはないなと思ってます。




そして、現状リストラの危機がない公務員はとても有力な本業だと言えます。




公務員という継続的な雇用が保障された職を担いながら、副業にガッチリとコミットしていく。




これが僕にとってはベストじゃないかなと思います。




なので公務員をしながらの副業はとてもオススメです。



同じ肩書を持つ人が少ない

公務員、副業、自己投資、利点


これは僕が副業を始めて、めちゃくちゃ感じていることですが、公務員で副業している人ってめちゃくちゃ少ないです。




公務員は資産運用以外の副業は禁止とされています。




しかし、その言葉をそのまま受け取って諦めてしまってはいけません。



POINT!

・収入の確認方法は?

・どうやって本業以外の収入がバレるのか?

・税務署との兼ね合いは?


これらを考えていけば、「公務員=副業禁止」の本質的な意味が見えてくるのではないかと思ってます。




それに副業で大した収益になってなくても「肩書き」として使って全然OKだと思ってます。




やはり先ほど話した理由もあり、公務員で副業しながら発信している人は結構少ないです。




この現状で今後の公務員の雲行きを懸念して副業することってチャンスじゃないかなと思います。




わしと同じ公務員が副業してる。。
参考にしようかな。




でもいいですし、




安定した職業なのに副業している。
どんなことしているのか見てみたい!



でもイケます。




「公務員」と「副業」。
このミスマッチな組み合わせは爆発的な影響力を生むと思います。




なので、「副業しなければ」と考えている公務員のみなさん。
今がチャンスです。踏み出しましょう。






以上となります。




このように、「公務員なんかやめて、ビジネスを始めろ」とは言いません。




せっかく試験を通過して勝ち取った職業です。




利点を生かして、しっかりと自己研磨に励んで欲しいと思います。




この記事を読んで、1人でも多くの公務員の視野が広がってもらえれば幸い中の幸い極まりなしです。




このようにあんちゃんブログではトレンド記事に関する有益な情報、自己啓発、プログラミング、ブログ運営について記事を更新しております。





また、Twitter(@anchan3official)でも有益情報の発信、ブログの更新通知も発信しておりますのでぜひフォローをお願いします。




終わります〜



コメント

タイトルとURLをコピーしました