学習開始して3ヶ月経過して感じたことを紹介。【プログラミング日記】

プログラミング、感想 トレンド記事
トレンド記事
プログラミング、学習
10秒で登録完了!TECH::CAMPオンライン説明会
プログラミング、学習
未経験でもWEB業界に挑戦したい!【.pro】




どーも。あんちゃんです。





僕個人の話なんですが、今月でプログラミング学習を開始して3ヶ月が経ちました。




技術的にはめちゃくちゃ未熟なんですが、それでも最低限のスキルは会得しようと奮闘中!
と言ったところです。




たった3ヶ月ですが、自分としては結構感じることが多かったと思ってます。




そこで今回は「僕がプログラミング学習を3ヶ月経過して感じたこと」を紹介していきたいと思います。


ちなみに、1ヶ月の感想はこちら




そして、2か月の感想はこちら




この記事を読めば、プログラミングを始めようか悩んでいる方や、プログラミング学習を始めたばかりの方にとっての指標になります。




また、プログラミング上級者にとっても過去の共感話として見ていただければと思います。




とにかく!
最後まで読んでいただけると幸い中の幸い極まりなしです。




それではいきましょう!!!





僕が学習3ヶ月経過して感じたことは以下のとおり。


学習開始して3ヶ月経過して感じたことを紹介

・様々な言語を触っておくと便利

・やっぱエンジニアなんて遠い話

・停滞期が訪れる




これですね。
それでは1つずつ深掘りしていきます。


様々な言語を触っておくと便利

プログラミング、感想




これは有益かなと思ったので、最初に話しておこうと思いました。




僕、「HTML」&「CSS」の学習を終えて、現在「JavaScript」を学習しています。




「JavaScript」。めちゃくちゃ難しいと思ってました。。。




しかし、思いのほか「HTML」&「CSS」より、すんなりとイケたんですよね。




なぜかな?って考えてみたところ。
僕、Progateで「Ruby」をかじってたんですよ。




興味本位で「Ruby」の初級から上級をクリアしていました。




正直「Ruby」については活用することができないレベルですが、この学習経験が「JavaScript」の学習にめちゃくちゃ役立ってるんですよね。




このようにプログラミング言語ってその他の言語と類似していることが多いです。




様々な言語に触れておくことで、今後学習するかもしれない言語に影響してきます。




なので、様々な言語に触れておくことをオススメします。


やっぱエンジニアは遠い話

プログラミング、感想


僕がブログにウエイトを置きすぎているというのもあるんですが、構造や言語に関しては理解できているものの、どうしても実践に活用ができません。




「HTML」&「CSS」については、言われたことを入力というのはできるようになったんですが、自分でイチから作成となると、どうしてもできません。




しかし「JavaScript」については、まだ基本的なことを学習している段階なので、実践は程遠いですが、「JavaScript」の方がまだ実践できそうだなと感じています。




とにかく「HTML」&「CSS」は実践となるとめちゃくちゃハードルが高くなるんですよね。




なので今は、改めて基礎を学習しているところです。




このようにプログラミング言語を数ヶ月学習して知識をつけることは可能ですが、実践に活用していくには生半可の努力じゃできないということです。




僕のようにブログメインで活動しているような生半可な態度では到底届かないということです。




なのでプログラミングで食っていこうと思っている方は、プログラミングに集中して取り組むことをオススメします。


停滞期が訪れる

プログラミング、感想



最初の1ヶ月はとても楽しくサクサクと作業を進めていましたが、内容も難しくなってきており、行き詰まることも増えてきました。




するとやっぱり、停滞期が訪れます。




僕の場合だと、ブログを始める時期と重なったということもあり、気持ちがどんどんとブログへ。




ついにはブログとSNS運用だけでプログラミング学習を一切行わないようになってしまいました。




そこで僕なりの継続方法を実践。




僕なりの継続方法はこちら




実践すると、なんとかプログラミング学習にも時間を充てられるようになりました。




しかし、いまだにブログへの熱の方が大きいため、プログラミングが疎かになっているのが僕の課題ですね。




ちなみに補足として、停滞期を乗り切るためには、自分自身に〆切等を設けていないのであれば「1度その作業から離れてみる」というのが有効かなと思います。




1度離れてみることで、自分に危機感が生まれるかどうか試してみるのです。




もし、危機感が生まれたのであれば、それはあなたにとって継続しなければいけないと意識しているものなので継続再開するべきだと思います。




危機感等が生まれないのであれば、それはあなたにとって、それほど熱意が生まれないものということになります。




大事なのは夢中になれるものを継続しているかどうかだと僕は思ってるので、それに該当しないものはしなくていいと思ってます。




僕はプログラミングを離れてみて、危機感は感じたので、「まだ頑張ってみるか」といった感じですね。




なので、停滞期は1回作業から離れてみて、本当にしたいことなのか問いかけて今後を決めていきましょう。




以上になります。




このように、たまにプログラミングの感想をつらつらと述べていくのもアリかなと思い、月イチで投稿しております。




なので全部読んでいただけたら幸い中の幸い極まりなしですね。



しかし、本来のあんちゃんブログではプログラミング学習にとっての有益な情報、資産運用、SNS運用について記事を更新しております。





また、Twitter(@anchan3official)でも有益情報の発信、ブログの更新通知もの発信、もちろん様々な企画もしておりますのでぜひフォローをお願いします。




終わります〜





プログラミング、学習
参加者限定特典あり。TECH::CAMPオンライン説明会
プログラミング、学習
超実践型プログラミングスクール【.pro】

コメント

タイトルとURLをコピーしました