僕がやってる投資「日経225先物」について解説!【投資初心者向け】

トレード中 資産運用
資産運用
全国送料無料!IT書、ビジネス書、資格書が豊富なSEshop








どーも。あんちゃんです。






僕なんですが、資産運用または投資の有益な情報発信もしているのですが、そういえば投資と言っても何をしているのかお伝えしていないと、ふと思いました。






タイトルでも述べているとおり、僕は主に「日経225先物 」という取引をしています。







世間では「株」や「FX」などが主流ですよね。でもそれぞれの特色を理解した結果、僕は「日経225先物」がいいなと思い取引を始めました。







では、「日経225先物」とは一体どんな商品なのか。







今回は「日経225先物」について徹底解説します!





この記事を読めば、「日経225先物」について、または投資そのものについての知識を学べると思いますので、投資をしてみたい。投資に興味がある方はぜひ最後まで読んでいただけると幸い中の幸い極まりなしです。






それではいきましょう!!!!





「日経225先物」について徹底解説!

「日経225先物」とは?





まず始めにそもそも「日経225」とは何なのか?





日経225(日経平均株価)とは簡単にいうと日本を代表する企業225社の株価の平均値を加工したものです。日本を代表する企業225社の株価を基に日本経済新聞社が算出、公表しており、株式市場のみならず日本経済の状態を表すTOPIXと並ぶ重要な株価指数として知られています。

引用元:大和証券「先物・オプション初心者向けガイド」







ざっくり説明しますと、日本の上位225社の株価の平均ってことです。







225社の中には聞いたことある企業もありますが、全然知らないなって思う企業もたくさんあったりして面白いのでぜひ調べてみては。



では日経225を取り扱った「先物取引」とはどんなシステムなのでしょうか?





先物取引とは、
(1)「特定の商品(原資産)」を、
(2)「将来の一定期日」までに
(3)「取引時点で定める価格」で
取引することを約束する取引のことで、「特定の商品(原資産)」の「取引時点で定める価格」と「将来の一定期日」における価格との差額で収益を得ようという取引です。

引用元:大和証券「先物・オプション初心者向けガイド」






これもざっくり説明すると

引用元:資産形成.com






このように、現在の価格から将来どうなるかを予想し、取引を行い、一定期間経過後の価格の差額分が利益になったり損になったりする取引のことですね。




具体例で言うと



1000円で上がると予想、上がれば上がった分が利益、下がれば下がった分が損


1000円で下がると予想、下がれば下がった分が利益、上がれば上がった分が損



みたいな感じですね。





しかし、




日経平均は数円単位で動いているんだろ?

数円の差額なんかいらねぇ!!






って思いましたよね??





でも心配はありません。日経先物取引にはレバレッジというものがあります。





レバレッジについては過去のブログで説明しておりますのでこちらを参照してください。

この記事のレバレッジの説明を参照してください。







「日経225先物取引」のレバレッジは100倍です。僕は日経225miniなので100倍ですが、本来の日経225先物取引では1000倍になります。





つまり、「日経225先物取引」は「ハイリターン・ハイリスク」な取引の一つというでしょう。




日経225先物取引の特徴とは?





日経225先物取引の特徴はたくさんあると思いますが、僕の中で1番特徴的なのは「ゼロサムゲーム」であることです。






ゼロサムゲームとは?



参加者全員の得点の合計が常にゼロである得点方式のゲーム。一方が得点すると他方が失点するため、全部の持ち点の和が必ずゼロになるというゲーム理論。

引用元:コトバンク




つまり、全投資家の利益と損益は合計するとゼロになるということです。





なので投資家同士でお金を回し合うイメージを持っていただければ。






つまり、この「日経225先物」投資家同士の金回りで運用されるため、投資家の心情(投資家心理)がバチバチに重要になってきます。





大事なのはいかに投資家の考えについて多数派に回れるかということになってきますね。



僕が日経225先物を選んだ理由について




では、僕があらゆる金融商品の中から「日経225先物」を選んだのか。




まず「投資が難しい」と言われる主な理由が


  • どれを選んでいいか分からない
  • 倒産



です。
では、一つずつ説明していきます。






まず、「どれを選んでいいか分からない」です。





株だったら個別銘柄選びで数千社の中から上がると思う企業を選ばなければいけませんし、FXだってドル円、ユーロ円など選ばらなくてはなりません。





そうなってくると結局、どれも勉強していってどれかを選ぶって形になると思います。





僕はそれが嫌でした。笑





しかし「日経225先物」に関しては選ぶも何も日経平均しか取り扱わないので、1つの価格や情報にコミットできると考えたので「日経225先物取引」が最も効率の良い金融商品だなと思って始めました。







次に「倒産」について。



これは株の話になると思うのですが、自分の買っていた株の企業が倒産した場合、その株はただの紙切れになってしまいます。



現在の世の中では企業がどうなるかなど全然わかりません。笑




ホリエモンのライブドアもそうですし、企業の経営がどう傾くかは本当に神のみぞ世界といった感じです。




しかし、「日経225」というのは日本企業上位225社の平均から算出されています。



なんなら、225社の流動性はそもそも高いですし、そのうちの1社が倒産したところで、平均にはそんなに影響しません。(FXだと世界情勢が価格にダイレクトに影響します)




なので「日経225」は結構、投資家心理(テクニカル)で説明できる要素が他の商品と比べて多いと思っています。





よって、日経225は比較的安定した値動きであり、それなりにレバレッジのかかった取引であるからということが理由で僕は「日経225先物取引」を選んだということです。



日経225先物取引についてまとめ



日経225先物取引について、まとめです。






日経225先物取引は

・「ハイリスク・ハイリターン」の金融商品

・ゼロサムゲーム(投資家心理を読み解くことが重要となる)

・比較的に安定した値動きを見せる





が特徴的な金融商品ということです。




また、僕が感じているのは日経225先物取引は「初心者にオススメな金融商品」だと思います。




理由としては、まず「日経平均が1番身近に感じる価格」であること。







FXだと世界情勢について結構細かいところまで調べ上げなければいけませんし、株だと企業ごとのパフォーマンスなど結構調べなければいけません。







しかし日経平均は、日本のニュースで報道される情報くらいが基本関わってきたりするので、そこまでマニアックな情報は必要ないと思ってます。






重要なのは経済を知ることより、投資家心理を知ることだと思ってますので。







そしてもう一つが「日経225先物取引は全ての金融商品につながっている」ということです。





日経225で学んだことは他の金融商品にもつながることが多いです。




日経平均は基本的に株価の平均であるため、株式にもつながりますし、FXについても円ドルとかになると日経平均とダウ平均の推移が影響したりします。




つまり、日経225は全ての金融商品を学ぶきっかけにもなるということですね。







このような理由から投資を始めたいと思う人は「日経225先物取引」を学ぶことをオススメします。






以上になります。







最近では3〜5万円程度の証拠金で投資できるようなコースなどができて、初心者でも始めやすい仕組みとなっております。






今後、勤労所得が低下していく中で日本での生活を豊かにしてしていくには複利運用はマストだと思いますのでにるべく早めに始めることをオススメします。







この記事を読んで、1人でも多くの投資家が増えてくれれば、幸い中の幸い極まりなしです。





このようにあんちゃんブログでは資産運用についての有益な情報、自己啓発、プログラミング、ブログ運営について記事を更新しております。




また、Twitter(@anchan3official)でも有益情報の発信、ブログの更新通知も発信しておりますのでぜひフォローをお願いします。






終わります〜


Tポイントで始められる投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました