気になる「資格(職務スキル)」と「凡用スキル」の違いとは!?【人生において大事です】

資格、必要、職務スキル、凡用スキル トレンド記事
トレンド記事





どーも。あんちゃんです。



よし!
収入を増やしたり、生活を安定させるためにも資格をとるぞー!



資格よりも凡用スキルだね!

長期的な視野でスキルを高めて、収入を増やしていくぞー!



あんちゃん。
あんちゃん。

様々な意見がありますが、僕は目的を持たずに資格取れば安泰というのは危険信号だと思います!

そこで今回は「気になる資格(職務スキル)と凡用スキルの違いとは!?」をテーマに解説していきます!





今でも根強く残っている世の中の概念として「とりあえず資格」というものがあります。



資格さえあれば安泰だ!



資格さえあれば、食うのにも困らないし高収入だぜ!




このような風習ですね。




様々な意見があると思いますが、僕の考えとしては「目的を持った資格取得でなければ、資格以外のスキル(凡用スキル)を高めた方がいい」と思います。



POINT!

⭕️保育士になりたい

→保育の資格を取る

❌収入を増やしたい

→まずは簿記を取ってみる




このようなイメージを持っていただけると嬉しいです。




では資格とそれ以外のスキルの何が違うのか?



という事で、今回は「気になる資格(職務スキル)と凡用スキルの違いとは!?」について解説していきます。




収入を増やすにはどのようにしたらいいか悩んでたり、何か行動を起こしたい人も、この記事を読めば、今後どのように行動していけばいいか、理解できます。




数分程度で簡単に理解できる内容となっておりますので、少しの時間だけ僕の記事に自己投資していただければ幸い中の幸い極まりなしです。




それではいきましょう!!!







結論から言うと、僕が考える「資格(職務スキル)」と「凡用スキル」の違いはこちらになります。



「資格(職務スキル)」と「凡用スキル」の違い

・可能性が限定しているかどうか

・収入の幅に違い

・希少価値があるかないか





です。




では、1つずつ深掘りをしていきましょう。



可能性が限定しているかどうか?

資格、必要、職務スキル、凡用スキル





念のためですが、僕は「資格を取るべきではない」と言っているわけではありません。




「資格」は職務スキルと呼ばれ、専門性が高いため、希望の職業に就くためへの近道になり得る事もあります。




僕が言いたいのは目的が職種的ではなく、「収入アップ」や「ビッグになりたい」など、金銭面的や曖昧な目的を持った際の「資格取得」は違うのではないか?
ということです。




資格は可能性が限定されてしまいます。




資格は「その技術がどうこう」というわけではなく「資格を持っているかいないか?」ただこれ1点のみとなります。




つまりその人のスキルではなく資格がモノを言ってしまうので、本質的ではないということです。




しかし凡用スキルであれば可能性に上限はありません。




例えば「英語が話せる」だとすれば、「英語は話せるけど英語での営業はできない」や「英語の発音は良くないが、英語での翻訳は誰にも負けない」など「英語が話せる」1つでも多種多様な可能性が広がります。




つまり「凡用スキル」の方が可能性に限界がなく、伸び代があるということです。




なので、収入や権威性を持ちたいのであれば、「凡用スキル」の向上に努めるべきです。




一方、「この職業に就きたい」などその専門的な職種に就くことが明確である場合は、資格取得がマストだと思うので、資格取得できるように努めましょう。



収入の幅

資格、必要、職務スキル、凡用スキル





これも前章と同じなんですが、収入の幅。つまり、収入の伸び代にも違いがあります。




「資格」に関しては、主に企業に勤める際に必要となり得るものとして認識しています。




つまり、やりたい仕事を高めたい人ならいいですが、「収入をあげたい」「ビックになりたい」と思う人にとっては自分から限界を決めにいってるのであまり良くないと思っています。




それに資格を取るにはそれなりの時間や資金が必要になります。




資格でも最高峰と言われるMBAに関しては2年間くらいの時間と数百万の学習費用が必要だと言われています。




仮にMBAをとり、外資系・貿易・株式関係に勤めたとしても年収は1000〜2000万といったところでしょうか?




しかも企業に依存することになるため収入や時間の制約もあります。




しかし「凡用スキル」については企業や人と連携する際に必要なものになることが非常に多いです。





PDCA力、コミュニケーション能力、企画力。
これらは全て人の繋がりや自分の仕事の効率を高めるスキルです。




なので企業に依存ではないので、収入の幅に限界はありません。




それに「人脈」というものは大きな富をもたらします。




僕が書いた過去の記事の「【年収をあげたい人だけ】「つるみの法則」について徹底解説。」を参考にしていただければと思います。





このようにどうしてもやりたい仕事がない場合は「資格(職務スキル)」で収入の幅に限界をつけることなく、「凡用スキル」を高め、自分の可能性を広げていきましょう。



希少価値があるかないか

資格、必要、職務スキル、凡用スキル





「凡用スキル」に関しては曖昧な水準であるため、どこまで極めていけばいいとかありますが、極めることができれば、「資格(職務スキル)」よりも希少価値が高いです。



POINT!


資格取得

なんだかんだ皆さんの選択肢にある
→みんなが考える定番のこと。

凡用スキルを磨く
基準が曖昧
→みんなが敬遠する。極めれば希少。




このような認識ですね。




なので大手企業の社長でも資格を持っていない人はたくさんいます。




しかしこのような方々は凡用スキルを極めているため、非常に希少価値が高いのです。




また、凡用スキルは職務スキルと違い、名前だけあって様々な状況下で生かすことが出来ます。使い道は多岐に渡ることが出来ます。




一方、ある程度極めなければ、スキルとして認められない場合が多いので、時間と労力は職務スキルよりも多く費やしてしまいます。




しかし、「収入をあげたい」や「ビッグになりたい」人の場合だと時間や労力から得られるリターンはとても多いと思うので、職務スキルより凡用スキルを磨くことが、目的への近道だと思います。




なので、職業的に明確な目的がない場合は、日頃からコツコツと凡用スキルを成長させることをオススメします。




以上になります。




これで「資格(職務スキル)」と「凡用スキル」の違いが理解していただけたと思います。




明確な目的が定まってから行動にコミットした方が必ず最短の道のりとなりますので、自分に今必要なのはどちらなのか?これを見極めるために1度立ち止まることをオススメします。




この記事を読んで、人生における目的を達成するきっかけになれば、幸い中の幸い極まりなしです。



このようにあんちゃんブログでは投資に関する有益な情報、自己啓発、プログラミング、ブログ運営について記事を更新しております。





また、Twitter(@anchan3official)でも有益情報の発信、ブログの更新通知も発信しておりますのでぜひフォローをお願いします。




終わります〜




コメント

タイトルとURLをコピーしました