投資で稼ぐためのマインドを解説。【初心者向け】

投資、稼ぐ、マインド、投資家、心理、損切り、利確、 資産運用
資産運用





どーも。あんちゃんです。



投資で大損をしてしまった。

参考書とか読んでみっちり勉強したのに。

なぜ勝てないんだー!

投資での稼ぎ方を教えてくれー!



将来に不安を感じたから投資をする予定です!

投資ではマインドが大事と聞いたことがあるので僕に投資で稼ぐためのマインドを教えてください!



あんちゃん。
あんちゃん。

そうだね!

若者の言うとおり、投資ではマインド形成が重要になってくる!

おじさんはマインドを形成せず、テクニカルの知識ばかり学んでいたことが大損の原因だね!

そこで今回は僕が「投資で稼ぐためのマインド」を解説するよ!





投資初心者のみなさん、テクニカル分析に関する知識についてたくさん勉強したのになぜか勝てないってことありませんか?




僕はその経験を何度もしました。




僕も本をたくさん読んだり、投資セミナーなどに行って勉強したりとたくさんの知識を蓄えて、投資をしていましたが、全く勝てませんでした。




最近になって、ようやく利益が出始めたということですが、僕が利益を得るようになった理由としては、投資に対するマインドを整えたからだと思っています。




テクニカルも必要だとは思いますが、僕はテクニカルよりもマインド形成が投資においては大事だと思っています。




そこで今回は僕が「投資で稼ぐためのマインド」を徹底解説します。




投資初心者はもちろん、投資で伸び悩んでいる人もこの記事を読めば、投資に関する基本的マインドが理解でき、稼げる投資ができるようになるきっかけを掴めます。




記事自体は通勤・通学時間などのスキマ時間にサクッと読める内容でまとめております。また、記事の終盤にはこの記事内容の詳細が解説してある本を紹介しておりますので、最後まで読んでいただけると幸い中の幸い極まりなしです。





投資で稼ぎたいと思う人だけ読んでください。
思ってない人はこの記事閉じてくださいね。




それではいきましょう!!!







まずは結論から言います。




今日解説する「投資で稼ぐためのマインド」はこちらです。



投資で稼ぐためのマインド

・損切りの徹底

・相場の選択肢は3つ

・感情の振り返りをしよう




タイトルだけでは意味が分からないと思いますので、これから1つずつ深掘りしていきます。



投資で稼ぐためのマインド①損切りの徹底

投資、稼ぐ、マインド、投資家、心理、損切り、利確、





投資で稼ぐためにはコレが鉄則となっている事項ですね。




おそらくみなさんも「分かってるわ!」と言っていると思います。




しかしみなさん分かっていても、出来てないことが多いです。




損切りの重要性が分かっているのにも関わらず、損切りができない理由は以下が挙げられます。



損切りの重要性が分かって関わらず、損切りできない理由

・「利益確保」「損をしたくない」という心理が働く

・人間はプライドを持っているため(損=負け)を認めたくない





この2つの理由はどちらも「人間的本能」です。




人間はプライドが高い生き物であり、どうしても「負けたくない」という気持ちが働いています。




それに「勝利をしたい」と気持ちにも駆られるため、少し利益が出ただけでも利益確定に走ってしまいます。




そのため「利小損大」というトレードをする上で、最も悪い状態になります。




本来「損=負け」ではありません。自分たちは予言者ではありません。




では、損切りを忠実に実行する場合はどうしたらいいのか?




損切りを忠実に実行する方法としてはこちらです。



POINT!

★損切りを忠実に実行する方法

「損切りラインを数値化する」





よく初心者が損切りができない理由としては、「MACDがクロスしたら」や、「MAに触れたら」など、テクニカルを駆使した損切りラインを設けて、損切りラインが曖昧になっているということです。




損切りが忠実に実行できるのであれば、コレでも構いませんが、できていないのであれば、損切りラインを数値化して具体的にすることをオススメします。




具体化することによって損切りする際の邪念をできるだけ取り除くことができますし、損失額も変動することはありません。




損切り額の決め方としては自分自身の総資産の何%なら1回のトレードで失っていいかを考えた上で、その最低損失額に基づいて損切りラインを決めることをオススメします。




この方法であれば、リスク管理を学べながらトレードができますし、損をしてもいい額を設定してますので心に余裕ができます。



損切りラインを徹底して、もし値が元の値に戻ったらどうするんだよ!



このような考えの人もいるかもしれません。




例え、値が元の値に戻っても関係ありません。相場は不規則ですので、たまたま元の値に戻っただけのことです。損失額が大きく膨らむ可能性も大いにありました。




むしろ、最低限の損失に抑えられたことを喜ぶべきです。




解説した損切り方法を活用しながら、損切りだけは必ず徹底しましょう。



投資で稼ぐためのマインド②相場の選択肢は3つ

投資、稼ぐ、マインド、投資家、心理、損切り、利確、



いやいや。

相場は2パターンの動きしかしないでしょ。

上がる」か「下がる」か。

つまり「買い」「売り」しかないでしょ!




「相場での選択肢は2つだという認識」
これが初心者の投資家でよく勘違いしている間違いです。




相場にはもう1つ選択肢があります。
言うならば、もう1つの選択肢が1番重要だと僕は思っています。




それは「やらない」という選択肢です。




みなさん、相場に向き合う際には「買い」か「売り」の選択肢2つで相場を見ていませんか?




このマインドで相場を見ていては、収益をあげることは難しいです。




なぜかと言うと、相場を「買い」と「売り」の2つの選択肢で見てしまうと、相場へ参入しなければいけないという考えに陥りやすくなってしまうからです。




相場には必ず「参入しない方がいい相場」が存在します。




投資で大事なのは「いかにやらない相場をやらないか」です。



POINT!

・不安材料がありながらも相場に参入してないか?

・「やらない」理由探しより「やった方がいい」理由探しをしていないか?




これらが不用意な相場に参入する理由になります。
不安材料が1つでもあるのに「それでもやりたい」理由を見つけてはエントリーをする。
これでは損失が膨らむばかりです。





これが投資にとって矛盾している点なんですが、そもそも投資は大前提に「資産を守る」がマインドとしては第1優先になります。「資産を増やす」ことが第1優先ではありません。




やはり、これを理解している投資家がコンスタンスに利益を積み上げています。




「投資=お金を稼ぐためのツール」は事実です。お金が増えなければ意味はありません。




しかし、この事実とマインドは全く別物にしなければなりません。




資産を守りながら投資をしていったら、いつの間にか利益が出ていた。これがマインドとしての完成形です。




このマインドに行き着くように意識して投資をしましょう。




手段としては、「初心者のうちは、自分なりの絶対的ルールを設定する」が1番の方法です。




ルールを作るまで最小限の損失で資産を回しながら、ルール確定後、そのルールに遵守して投資をしていく。複数ある条件のうち1つでも満たさない場合はトレードをしない。




これを徹底することで、きっといつの間にか資産は形成されていきます。




なので「初心者のうちは、自分なりの絶対的ルールを設定する」
これを徹底しましょう。



投資で稼ぐためのマインド③感情の振り返りをしよう

投資、稼ぐ、マインド、投資家、心理、損切り、利確、





最後は投資家のマインド形成をする手法を紹介します。




僕は「感情の振り返り」をするようになってから、投資家のマインドがよくなってきました。




みなさんもきっとトレードの振り返りはしていると思います。




しかし「テクニカル的要素が〇〇だ」とか、テクニカル的要素の振り返りだけしていませんか?




もちろんテクニカル的要素の振り返りも大事ですが、僕は「感情の振り返り」が最も大事だと思っています。



「感情の振り返り」における着目点

・エントリーしたときの自分の心境

・値動きした時の自分の心境

・決済する時の自分の心境

・エントリーをスルーする時の自分の心情





これらを見ていくべきだと思います。




これらの着目点を見ていけば、自分がどのような状況に置かれていて、どのような心情の時に負けるトレードをしているかなどを発見することができます。




自分の弱点が丸裸になるというわけです。



俺ってやっぱり負けた後のトレードはヤケになってるように見えるな。

負けた後のトレードはいつもより意識してトレードするようにしよう。





このように「感情の弱点」を見出し、それを意識するトレードをしていけば、投資家としてもマインドがどんどん形成されていきます。




とてもオススメなので「感情の振り返り」
行ってみましょう!!!




以上になります。




何度も言いますが、確かにテクニカル要素の勉強は大事ですが、投資家としてのマインド形成はもっと大事になります。




せっかくテクニカルについての知識を深めたのにも関わらず、マインドの未熟さによる邪魔が入って利益を逃したり、損失を被ったりするのはもったいないです。




なのでテクニカルも大事ですが、マインドの形成も意識してトレードを行うよう心がけましょう。




投資はギャンブルではありません。適切なトレードを淡々と繰り返していけば、必ず資産は形成されます。




挫折することなく、将来のリワードを期待して学習を進めていきましょう。




この記事を読んで、1人でも多くの人がマインドを形成し、利益を生むことができたなら幸い中の幸い極まりなしです。





このようにあんちゃんブログでは資産運用についての有益な情報、自己啓発、プログラミング、ブログ運営について記事を更新しております。




また、Twitter(@anchan3official)でも有益情報の発信、ブログの更新通知も発信しておりますのでぜひフォローをお願いします。






終わります〜




コメント

タイトルとURLをコピーしました