気をつけなければいけない投資詐欺勧誘の特徴を紹介。【若年層は必見!】

詐欺 トレンド記事
トレンド記事 資産運用
初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール





どーも。あんちゃんです。



最近、このような記事を目にしました。



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200222-00000020-pseven-soci






SNSで情報発信が自由になりましたが、このようなことが起きているのも事実です。




基本的にターゲットとされ、被害に遭っているのは若年層だと言われています。





なぜなら中年層と比べて若年層はSNSの関心が高い分、SNSに対する不信感が低いからです。


一方で、中年層はSNSの関心が低い分、SNSに対する不信感が高いです。






どちらもいいことではないですが、このことから中年層ではなく若年層が投資詐欺のターゲットにされているということです。







若年層であれば投資詐欺に遭うような、大金を持っている可能性は低いと思われます。







お金がない状況でも若年層に被害が多いということは、目を輝かせながら、将来の利益に期待して消費者金融等でお金を借りて踏み出すといった人が多いと思われます。






勇気を出して一歩、行動に踏み出した若者を騙すなど許せませんよね。






僕も実体験として、知り合いからの紹介で投資をしています。なので投資の勧誘が全て詐欺というわけではありません。しかし詐欺が多いのも事実です。






そこで僕の周りの人たちからも情報を提供してもらい、気をつけなければいけない投資詐欺の特徴を紹介します。






この記事を読めば、投資詐欺の特徴を理解し、投資勧誘を受けた際の判断能力が会得できます。






投資の勧誘を受けている人や投資に関心がある人は必ずこの記事を読んでいただけると幸い中の幸い極まりなしです。






それではいきましょう!!!!






結論から言いますと




投資詐欺勧誘の特徴
・「絶対」というワードを用いている

・「リスク」の説明をしない

・難しい投資用語を多発する

 


です。


では、順に深掘りしていきます。




ありえない「絶対」というワードを用いている



条件としてはこのワードが出た瞬間に逃げましょう!




「絶対儲かる」「絶対〇〇でも簡単にできる」「絶対損はしないよ」など言ってくる投資勧誘は
一発アウトです。





まず、投資の世界に「絶対」という言葉はありません。


読みたい方はこちら




この投資界において不滅の著書「ウォール街のランダム・ウォーカー」にも記述されているとおり、相場はランダムな動きを見せています。





つまり投資は「確立論」でしかありません。

いかに確率の高い選択をするかみんなで投票し合う多数決ゲームです。






そんなゲームに「絶対」などあるはずがありません。







世界的に有名な投資家でも勝率は40〜60%程度ではないかと思います。







強い投資家は出来るだけ少ない金額で負けまくって、勝つときは出来るだけ利益は伸ばす。「利大損小」がセオリーとなります。







強い投資家でも絶対に勝っているわけではないということです。


なので「絶対」がつく投資勧誘は必ず断りましょう。






若年層の収入から考えると、手を出す金融商品は基本的に「ハイリターン・ハイリスク」であると思いますので、なおさら注意が必要です。



1番大事な「リスク」の説明をしない



「リスク」についての説明も投資勧誘にはマストな事項だと思います。






騙す側の考えとしては、誘いを断られないようにするために「リスク」の話はしません。





そして「リワード=利益」の話ばかりします。






人間は「リスク」を回避しようと無意識に反応してしまう習性があります。






特に日本人に強い傾向があります。





しかし投資は常に「リスク」がつきものです。




そもそも「リスク」を受け入れることができない人は投資をしてはいけないと思ってます。





そして、投資で1番大事なのは「リスクマネジメント」になってきます。






前項でも説明したとおり、最小限の損失に抑えながら、エントリーポイントで果敢にエントリーしていき利益を狙っていくのが投資です。







なので本物の投資勧誘であれば「リスク」の説明に1番力を入れます。





僕も友達の勧誘を受ける際は、しつこいほど「リスク」の説明を受けました。






今では、その説明の重要性が理解できたかなと思ってます。





なので「リスク」の説明をせずに「リワード」の話ばかりする投資勧誘は疑ってかかった方がいいでしょう。


錯乱のため、難しい投資用語を多発する



これは僕と一緒に投資をしている方がよく投資詐欺で見かける傾向ということなんですが




投資勧誘をする際に難しい投資単語を多発してくるところは詐欺の可能性が高いです。






まず投資勧誘を受ける人のほとんどが投資未経験者もしくは投資初心者であるのに、専門的な投資単語を多発することに何のメリットがあるのでしょうか。






騙す側としては、専門的な投資単語を多発することによって「情報の錯乱」と、「この人はよく知ってるなと違いを見せること」が狙いだと思われます。






投資初心者にとっては聞いたこともない専門的な単語を多発する勧誘者を見ると、どーしても「この人は凄い人だから大丈夫そうだ」と感心してしまうと思います。






しかしよく考えてみると、勧誘する際の話で専門的な投資単語が多すぎて、紹介されている金融商品のことを何も理解できない。。。。。



これだと話をした意味がありませんよね。








しかし、これこそが騙す側の狙いだったのです。


利益について以外の話は理解できないようにすることで、「確実に儲かる」といった印象を持って貰えばいいんですから。。。







本物の投資勧誘であれば、紹介する金融商品について理解をしてもらうことが大前提になるので、専門的な投資単語の説明や金融商品の概要をしつこいほど説明されると思います。






僕も「日経225」の説明は耳にタコができるほどしつこくされましたww
しかし、専門的な投資単語はあまり用いず、例えなどを使って分かりやすく説明してくれました。
そのおかげで投資を始める際にはすでに大体の仕組みを理解できていたと思います。






なので投資勧誘で難しい専門的な投資単語を多発しており、結局、紹介されている金融商品がどのようなものか分からなかったという場合はとても怪しいので気をつけた方がいいでしょう。











以上になります。



補足ですが、
なぜSNSで投資詐欺が多発しているのか。





やはり、理由は「情報リテラシーの低さ」が原因だと思います。



情報リテラシーとは?

情報リテラシー

見聞やインターネットの情報といった、各種の情報源を適切に利用し、散在する情報の中から必要な情報を収集し、整理し、そして発信するための能力を指す。

引用元:Weblio辞書



つまり、「様々な媒体」や「経験」から収集した情報を適切にまとめる能力が低いことが原因とされています。



なので情報リテラシーを上げることこそ、SNSやその他の情報に惑わされない対処法と言えるでしょう。


あんちゃんブログでも常に情報リテラシーが上がる情報を発信しておりますが、僕がオススメするビジネス系YouTuberを見るのも手だと思います。






僕がオススメする情報リテラシーを上げてくれるYouTuberはこちら!

やまもとりゅうけん
どうも!りゅうけんです!エンジニアでありマーケターであり妻の奴隷でもあります! エンジニア、ブログ、オンラインサロンと それぞれのビジネスで少ない労働で月500万円近くの収入が得られるようになって暇ができたので、 満を持してYouTubeの世界にやってまいりました。 人生逃げ切るという意識の低い目標に意識高くコミ...


やまもとりゅうけん(@ryukke)さんは切れ味鋭く、世の中の情報に対しての考えを教えてくれます。その内容はまさに「論破!」といった感じですwww


厳しいことを言うことが多いですが、それもこの人の優しさ。


本気で世の中に騙されないために情報リテラシーを高めたいと言う人は必見です。









もう1人の方はこちらです!

イケハヤ大学
知識を武器に、稼ぐ力を身に付けろ! 音声だけで理解できるビジネスパーソン向けの講座を提供しています。



こちらも有名ですがイケハヤさん(@IHayato)のチャンネルになります。




こちらも大学がチャンネル名についていることもあって、この時代に関する様々な情報を提供してくれます。





バカから抜け出すための考え方はとても情報リテラシー向上に役立つのでこちらも見てみてください!





この紹介したチャンネルと僕のブログ(笑)を活用しながら、みなさんも情報リテラシーを高めて、自分の身は自分で守りましょう!






この記事を読んで、1人でも多くの人が投資詐欺に合わなくなる。また情報リテラシー向上のきっかけになれば幸い中の幸い極まりなしです。










このように、あんちゃんブログでは情報リテラシー向上に関する有益な情報、資産運用、プログラミング、ブログ運営について記事を更新しております。





また、Twitter(@anchan3official)でも有益情報の発信、ブログの更新通知も発信しておりますのでぜひフォローをお願いします。




終わります〜


プログラミング書籍なら翔泳社の通販『SEshop』

コメント

タイトルとURLをコピーしました